衆議院議員 甘利明 公式サイト| Amari Akira Official Web

 
 
 
 




国会リポート

2015.8.24
317号

先週の月曜日に、本年第2四半期(4-6月)のGDP速報値が発表されました。民間予測の平均値▲1.9%より少しましな▲1.6%でした。これを受けて、株価は逆に値上がりしました。皮肉なことに、民間予測よりマイナス幅が小さかった事を好材料としたようです。

2015.8.10
316号

ハワイ・マウイ島でのTPP会合は残念ながら大筋合意には至りませんでした。ほとんどの国が今回を最後の閣僚会合にしようという決意で臨みましたが、2~3の主要部分で詰め切れず、時間切れとなりました。どこの国も不思議に思ったのが、いつもアメリカが見せる執拗ともいえる粘り腰が今回に限っては見られず、あっさりと断念を決めてしまったことです。

2015.7.21
315号

集団的自衛権を含む平和安全法制が衆議院を可決通過しました。特別委員会における野党の抗議はおなじみのプラカードビラを掲げるものでしたが、今回は委員長席に向けたものではなく、パフォーマンスを狙ってテレビカメラに向けており、中継を見ていた人は違和感を持ったようです。

2015.7.6
314号

先週火曜の臨時閣議で政府の骨太方針と日本再興戦略二次改訂が閣議決定されました。骨太方針は経済財政諮問会議が中心となって策定する政府の経済財政運営と構造改革の基本方針であり、これに基づいて予算編成や構造改革の具体的作業が進行していきます。一方、再興戦略はアベノミクスの成長戦略です。成長戦略も策定以降、今年で二度目になる改訂版です。国内外の投資家が最も注目をしている政策案です。

2015.6.24
313号

本日(月曜日中)にも会期延長のための本会議が開かれます。かなりの幅になると言われていますが、ご案内の通り平和安全法制の審議を尽くし、平時から有事に至るまで対処方針に穴が開いていないようにしっかりとした法整備をするものです。

2015.6.8
312号

会期延長がささやかれている通常国会後半の注目案件はTPPの妥結と安全保障法制と骨太方針です。骨太方針とは総理を議長とする経済財政運営の司令塔・経済財政諮問会議が策定する経済財政運営と構造改革に関する基本方針です。これに基づいて経済再生プランが実行され、財政再建の道筋も示されます。

2015.5.24
311号

TPP交渉が大詰めにきて、若干もたついています。アメリカ議会の通商規制権限を縛るTPA法案の可決がずれ込んでいるためです。アメリカを除く各国は、内閣に条約を締結する権限があり、議会はそれを全体として承認するか否決するかの権限だけ付与されています。国によっては議会にかける必要もないところもあります。

2015.5.11
310号

先般の安倍総理訪米は、歴史的なものになりました。上下両院の合同会議において、日本の総理が演説をするのは初めての事ですが、演説中、10回以上ものスタンディングオーベーションが起きた事も歴史的成果を象徴しています。

2015.4.22
309号

19、20日と2日間に渡る日米TPP閣僚交渉は、翌日の午前3時半にようやく終了いたしました。思い起こせば、アメリカ・フロマン代表との閣僚交渉は、昨年も午前3時までかかりました。しかも、その大部分は通訳のみ同席する一対一の交渉で、この上もなくタフな交渉を強いられます。

2015.4.6
308号

先日、総理の要請により総選挙後2回目の政労使会議が開かれました。経営側の代表である経団連会長、労働側代表である連合会長、政府側代表である総理、それに日商の会頭や中小企業団体中央会の会長、加えて労働側からは自動車総連やUAゼンセンの会長、政府側からは財務大臣や官房長官、経済産業大臣等、そして学識経験者数名が参加する重厚な会議で私が進行役を務めます。

活動報告




甘利明の風刺画特集です。

新聞インタビュー
鉄鋼新聞[11月1日号]

甘利明メールマガジン甘利明事務所のご案内甘利明へのご意見・お問い合わせ甘利明後援会について